トップ

モットー

メンバー

研究紹介

研究施設

年間行事

Gallery

研究成果

-2021年度

-2020年度

-2019年度

-2018年度

-2017年度

-2016年度

-2015年度

-2014年度

-2013年度

-2012年度

-2011年度

-2010年度

-A. Iida

-H. Yokoyama

-Students

科研費など外部資金

共同研究

アクセス

リンク

講義関連
(学内のみ)

研究室内用情報

研究室紹介新B4向け

自技会用

講演資料
(ID: user)

研究成果 2019年度

学術雑誌

Kimie Onogi, Hiroshi Yokoyama, Akiyoshi Iida"Analysis of jet oscillations with acoustic radiation intherecorder by direct aeroacoustic simulations"The Journal of the Acoustical Society of America 146,1427-1437 (2019)Link to ASA

・Yoshinaga, T., Nozaki, K., and Wada, S. “Aeroacoustic analysis onindividual characteristics insibilant fricative production,” Journal ofthe Acoustical Society of America, 146(2), pp. 1239–1251, 2019.

・Yoshinaga, T., Nozaki, K., and Wada, S. “A simplified vocal tract modelfor articulation of [s]: Theeffect of tongue tip elevation on [s],”PLoS One 14, e0223382, 2019.


国際会議

X.Wang,K. Mizushiri, H.Yokoyama and A.iida, "Behavior of acoustic and hydrodynamic pressurefluctuations inaerodynamic sound source region", IWEE2019, Okinawa, Japan, (June 25-28, 2019).

・X.Wang,K. Mizushiri, H.Yokoyama and A.iida, "Wavenumber-frequency spectrum analysis of pressurefields around an automobile", AJKFluids2019, USA (July 28-August 1, 2019).

・Onogi Kimie, Ai Natsubori, Hiroshi Yokoyama, Akiyoshi Iida, KeitaArimoto"Experimental Investigation forEffects of Jet Angle on theHarmonic Structure in the Flute"International Symposium on Music Acoustics,Detmold,Germany(September 13-17, 2019)

・Yoshinaga T., Nozaki K., and Wada S., "Individual Differences of Airflowand Sound Generation in theVocal Tract of Sibilant/s/,"Proceedings ofINTERSPEECH 2019, pp. 131-135, 2019.

Yoshinaga T., Nozaki K., Wada S., and Iida A. "Effects of vocal tract geometrical differences on flow andsound of sibilant fricatives,"Proceedings of 178th meeting of Acoustical Society of America, p. 3086, 2019.


国内会議

・吉永司,野崎一徳,和田成生,摩擦音/s/及び/sh/発音の被験者の違いを表す口腔単純形状モデルの構築,第63回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集,2019.

・吉永司,Van Hirturm Annemie, 野崎一徳,和田成生,歯茎摩擦音に対する高次モードを考慮した音響解析と数値流体解析の関係性,日本音響学会2019年秋季研究発表会講演論文集,pp. 755-756, 2019.

・吉永司,野崎一徳,近藤修,チンパンジーの摩擦音構音の可能性:流体力学的観点からの考察,日本機会学会流体力学部門講演会講演論文集,OS5-14, 2019.

・吉永司,野崎一徳,横山博史,飯田明由,口腔単純モデルの舌運動を考慮した歯茎摩擦音/s/の空力音響シミュレーション, 第33回数値流体力学シンポジウム講演論文集, E10-1, 2019.